ブログ

子供の成長を見るには山登りが最高!!

こんにちは。中島ヒロシです。
今年のゴールデンウィークは皆さん
いかがお過ごしでしたでしょうか?

わが家は、嫁さんの実家のある新城市の明神山へ
行ってきました。山好きの後輩から是非この山
行ってみて下さいとの事で、子供たちも大きく
なってきたのでチャレンジしてきました。


5歳児にはちょっとキツイかもしれませんよ。

そう後輩には言われてはいましたが、一度決めたら
後には引けない。まあ1000m位の山だから何とか
なるかな・・・そんな甘い考えで来てしまいました。

乳岩狭からのスタート。おお!!いきなり大自然の
迫力!!やっぱり山はいいですね。子供たちも
テンションが上がり、上二人はどんどん先に
進んで行ってしまいました。

「待ってぇ~!!」下の娘の声が山に響きます。


山道は岩あり、木の根っこありでなかなか
険しい道になってきました。それでも上二人は
気にせずどんどん登って行きます。

「たくましくなったなあ・・・」

あらためて子供の成長を実感する時でもありました。
下の子はどこかで「お母さん抱っこ・・・」と
泣きついてくると思いきや、「自分で歩く、登る!!」
と言って頑張っています。

そうそう、人生は山登り。自分で行くしかないんだぜ!!
それを伝えたくて、でも子供たちはわかってくれてるかな・・・


さあ、明神山の山頂まで残り1キロ。
所要時間は60分。しかし下山の時間を
考えると山頂まで行けても暗くなって
しまうかも・・・どうしよう・・・

上の二人と相談して、残念だけど
危ないから今回はここまでにしよう。
と言う事になりました。1000mの山だけど
結構キツイわ。ちょっと甘く見てました。

悔しいなあ・・・

そう言いながら長男は下り始めました。
無理をすればきっと頂上には着けると思うけど
そのあとが大変な事故につながるかも。だから
諦めると言う事も大事で、チャンスはまた来るさ。
今度はしっかりと準備をしてリベンジだ!!

悔しいと思う気持ちはとても大事で、人生は
上手くいかないことだらけ。一度立ち止まって
次に備える、そして考える。無理をせず諦める
という選択肢を選ぶ勇気も必要と言う事も
山登りで毎回考えさせられます。

山登りはどうだった?と嫁さんと子供たちに
恐る恐る聞いてみたら

「楽しかった!!」

と意外な返事が返ってきました。きつかったとか
疲れたとかが最初に返ってくるかと思っていましたが
「楽しかった」とは意外。きつくてつらい事でも
家族で同じ時間を共有することが「楽しい」
ホント、家族と言うのは基本だなと言うのを
あらためて思う日でもありました。そして
ありがたいなあとも思いました。

そんな家族が安心して暮らす事が出来る
家づくりに携わっている自分が誇らしく
そして子供たちに自慢できると思うと
楽しくなって頑張れます。

仕事と家族。バランス大事ですね。

さあ、ばあばの家に寄ってくか。腹減ったし。
いえ~い!!ごはん!!ごはん!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ページ上部へ戻る