ブログ

トリプル断熱ガラス樹脂窓・・・チンプンカンプン

3枚ガラスの窓に熱の伝わりにくい樹脂サッシ。

なぜ3枚??樹脂サッシ?

窓ガラスを3枚にすることで、断熱性、遮音性、気密性が良くなり、

塩化ビニール樹脂は熱を伝えにくい(プラスチックの一種でフライパンなどの取ってとして使われている。)

樹脂サッシの中はいくつもの空洞の部屋があるおかげで、さらに熱が伝わりにくい構造になっている。

だから!!夏は涼しく冬あったか結露なし、一年中ほぼ一定の温度で快適に過ごせる

世界最高基準レベルの性能と言われている!!

(だがしかし・・・窓だけの性能だけでは結露してしまう為、断熱材や24時間換気システムなどもしっかりやる必要があるわけですね!!)

取り付けも内側からはめこまれていて窓も内開きだからお掃除が楽ちん!!(笑)

ガラスとガラスの間にはアルゴンガスを封入するため一段と断熱、遮音性がよくなる。

アルゴンガス?普段あんまり聞かない名前のガス・・・大丈夫か・・・??

無色無臭、空気よりも少し重い不活性ガスで、無害なガス!!

蛍光灯や電球、水銀灯、食品の酸化防止のための充填ガス、ワインの酸化防止ガスとしても使われていて

地球の大気中で、3番目に多く含まれている気体らしいが・・・

大まかに表わすと

1位・・・窒素78%

2位・・・酸素21%

3位・・・アルゴンガス1%

それでも3位と言いながらも1%ぐらいしかないらしい!(笑)

人体にも影響のない無害な気体が、断熱・遮音性を上げるために窓の間に入っているんですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ページ上部へ戻る