住宅性能先進国ドイツ基準の省エネ&高性能&高耐久設計で家族が健康に暮らせる家

こだわり建材その1_ハイブリッド断熱工法

外断熱・内断熱を合わせたハイブリッド断熱工法

断熱材は住宅会社によって外断熱派と内断熱派に分かれています。
どちらにも長所・短所があることから、外断熱・内断熱を良いとこどりで組み合わせた「ハイブリッド断熱工法」を低燃費住宅は採用しています。
内断熱は「充填断熱」、外断熱は「付加断熱」と呼ばれ、両方を組み合わせて初めて正しい断熱というのがヨーロッパの住宅では常識なのです。

家の寿命を短くする原因は結露。

それは、私たちの目に見えない「壁内」での結露です。

ヨーロッパの住宅は、内断熱と外断熱を標準仕様としています。
これによって、室内と外気の温度差が原因で起きる壁内の結露が発生しません。
室内は快適な温度に保たれるのはもちろん、目に見えない壁の中のカビや構造材の腐食に悩まされる心配がないのです。
現在、日本の住宅の1/3以上が外壁材にサイディング(外装ボード材)を採用しています。
サイディングは耐久性が低く、10年毎にメンテナンス塗装をしても、30年で劣化し張替えが必要となり、張替えには高額なリフォーム費用が掛かります。
寿命30年の家を建てるのであれば、このような外壁材を使用しても問題ありません。
ですが、季節毎の寒暖差と湿度差が激しい日本の気候環境で80年以上持たせる「低燃費住宅」をつくる為には、このような材料を使えません。

【外壁と外断熱】 新築や住まいの常識動画

低燃費住宅では100年近い住宅寿命が当たり前のヨーロッパ同様、数十年メンテナンスが不要なドイツ製外壁塗装材を使用しています。
ハイブリッド断熱(外壁厚205mm)は高い断熱性能で居住空間が外気温に左右されにくく、冷暖房に頼らずとも室内の温度・湿度が一定に保たれた省エネルギーで快適な「春」のような居住空間を提供します。
あなたの家が年中Tシャツ一枚で過ごせる非常に快適な家になるのです。

天然の木質繊維で出来たエコで高性能な断熱材「セルロースファイバー」

日本ではあまりなじみのないセルロースファイバーですが、厳しい環境基準があるドイツを始めとするヨーロッパ諸国でも評価の高いセルロースファイバーは、世界基準の高性能断熱材です。
【セルロースファイバーの特徴】
1)粉末状の断熱材で壁内に隙間なく充填可能な施工性で断熱性能を100%発揮できます。
呼吸する断熱材とも呼ばれ、その最大の特長は調湿性能です。
木質繊維の持っている高い吸放湿性能によって、壁内を始めとする家中の結露を低減する効果があります。
2)しかも、高い遮音性能で騒音のない室内空間とトラブルの無い近隣との関係を実現します。
3)1,000℃のバーナーで燃やしても表面が黒く炭化するだけで火はつきません。
万が一の火災にもこの燃えにくさが時間を稼ぎ、周辺の火災から家を守る役割を果たします。
4)ホウ素配合で防虫(殺菌)効果を持ち、シロアリやゴキブリ等の害虫がつきません。
防虫のみならず、カビ、ダニ、虫類、ネズミなどを近づけない忌避効果ももっています。

【セルロースファイバー】 新築や住まいの常識動画

長久手と安城のモデルハウス見学・無料宿泊体験のお申込み TEL 0120-146-991 受付時間 9:00 - 18:00 [ 水曜定休]

PAGETOP
Copyright © 株式会社低燃費住宅 東海支店 All Rights Reserved.