住宅性能先進国ドイツ基準の省エネ&高性能&高耐久設計で家族が健康に暮らせる家

こだわり建材その3_内部結露対策

低燃費住宅は調湿性能にも優れています。

高気密・高断熱化された近年の建物では、室内で発生した湿気が調湿出来ず、室内に溜まってしまう危険性があります。

【結露の原因】 新築や住まいの常識動画

ヨーロッパ最大かつ最先端の応用技術研究機関であるフラウンホーファー建築物理研究所で開発された建築物理ソフト「WUFI」。
様々な気候条件で壁や屋根を構成する各建材の熱・湿気挙動を正確に予測することができるため、世界中の建築家が愛用しています。
湿度の安定している欧米諸国よりも、高温多湿な日本にこそ必要不可欠なソフトといえます。
ところが、日本では使用している工務店やハウスメーカーはごくわずか。
湿気大国なのに湿気を軽視しているから、日本の家の寿命は短くなってしまいました。
結露の発生しやすい環境は、1年間の季節の中で二度あります。
1つ目は冬場に室内外の温度差で発生する「内部結露」。
2つ目は夏場のエアコンによる室内外の温度差で発生する「逆転結露」です。

本来であれば地域によって仕様が変わる結露対策も、「WUFI」を使わない知識も技術も不足している工務店では完璧に行うことが出来ません。
地域によって仕様を変えず、全国どこでも同じ家を建て、この二種類の結露を抑制しきれずに家の寿命が大幅に縮まってしまう恐れがあります。
低燃費住宅では全ての地域で「WUFI」による解析をおこなうことで、「結露」を未然に防いでいます。

長久手と安城のモデルハウス見学・無料宿泊体験のお申込み TEL 0120-146-991 受付時間 9:00 - 18:00 [ 水曜定休]

PAGETOP
Copyright © 株式会社低燃費住宅 東海支店 All Rights Reserved.