住宅性能先進国ドイツ基準の省エネ&高性能&高耐久設計で家族が健康に暮らせる家づくり「低燃費住宅」

初めてのお客様へ

  • HOME »
  • 初めてのお客様へ

低燃費住宅のコンセプト

私たちの家づくりを知っていただく前に、受け入れていただきたいコトがあります。

私たち日本人は、モノづくり大国である日本の住宅こそ世界トップクラスの住宅だと思い込んいます。

実は弊社の代表の早田も2007年にドイツへ渡るまでは日本の家は世界最高峰だと思い込んでいました。

ところが、ドイツでの住宅視察によってその考えはまったく誤りであったことを思い知ります。

日本で建てられている殆どの住宅は先進国の中でも下位ランクの性能であり、ドイツでは建築基準を満たさず建てることができないレベルの家だったのです。

日本の家は「冬は寒く、夏が暑くて湿度が高い」のが当たり前。

これまで家をつくるプロも、家を買うお客様も何の疑いも抱きませんでした。

ところが、

ドイツでは「夏も冬も室内は快適な温度と湿度に保たれている」のが当然という家づくりです。

そして、高性能なドイツの家は気密性と断熱性に優れています。

熱が逃げにくく、冷暖房によるエネルギー消費が非常に少ないという利点もありました。

またドイツの人たちは省エネルギーや再生エネルギーにも非常に関心が高く、大人から子供まで生活の中にエネルギーを無駄にしないという考えが仕組みとして浸透していました。

私たちは環境先進国ドイツから家づくりを学び、世界最高水準の高性能住宅を日本で広めることがお客様の家族の未来を護ると信じています。

株式会社低燃費住宅 代表 早田宏徳からのご挨拶

低燃費住宅は省エネ住宅先進国ドイツから家づくりの考え方を学び、33坪の家で家族4人が年間10万円の光熱費に抑え健康で快適に暮らせる家を完成させました。

夏は涼しく、冬は暖かい。

将来の光熱費上昇リスクへの備えも安心なので、無理な節約や我慢の必要がありません。

また、高断熱・高気密で室温を一定に保つことが健康維持に繋がることをご存知ですか?

この家は咳やぜんそく、アトピーなどの健康状態の改善が期待出来ます。

厳しい基準を求められるドイツの住宅と全く同様以上の高性能断熱材で壁の中を結露させません。

基礎や柱などお客様が自分の目で見ることが出来ない各部材を80年以上の長期間に渡って傷めない高品質で特殊加工されたものを使用しています。

大地震が起きてもシロアリや腐食によって倒壊すことはありません。(耐震等級3相当の設計基準)

この耐久性により結果、お孫さんの世代まで資産として遺すことができる家です。

あなたの理想の家について、今一度お考え下さい。
PAGETOP
Copyright © 株式会社低燃費住宅 東海支店 All Rights Reserved.