住宅性能先進国ドイツ基準の省エネ&高性能&高耐久設計で家族が健康に暮らせる家

耐久性能その1_世界規模で比較する日本の住宅寿命

日本の住宅は平均築30年で建替えられています。

saarbruecken-836277_960_720日本国内で建てられる住宅は海外と比べると異常なほど短命です。

残念ながら私達日本人は「住宅を長持ちさせるもの」という意識がありませんでした。

ところが、古くからある日本の家は築100年以上が当たり前だったのです。

その地域で自然に育った、地域で産出される自然素材で家を建てると親子三代以上住み続けられる。これが当たり前の家づくりだったのです。

ところが、戦後の高度成長社会では早く簡単に家を建てるため、ビニール・プラスチック・金属製の新建材が誕生しました。

さらに工場で作って現場で組み立てる「プレハブ住宅」まで誕生し、大工や職人の技術を必要とせずに、早く簡単に家が作れるようになりました。

それに伴い、良質な木材、腕利きの棟梁、こだわりと技術を持った職人達による魂のこもった家づくりは失われてしまいました。

昔ながらの棟梁の魂がこもった家は、大切に受け継がれ100年持つのが常識。

反対に早くて簡単に建てられるプレハブ住宅は、価値が高いのは新築時のみ、30年で寿命がくるのが常識。

世界的に見ても、こんなに貧弱な家に住んでいるのは、先進国では私たち日本人だけです。

欧米の人々が、私達と比べてがなんとなく優雅で幸せそうに見えるのは、日本人が寿命が短い住宅に稼ぎの大半をつぎ込んでしまっているからなのかも知れません。

長久手と安城のモデルハウス見学・無料宿泊体験のお申込み TEL 0120-146-991 受付時間 9:00 - 18:00 [ 水曜定休]

PAGETOP
Copyright © 株式会社低燃費住宅 東海支店 All Rights Reserved.