住宅性能先進国ドイツ基準の省エネ&高性能&高耐久設計で家族が健康に暮らせる家づくり「低燃費住宅」

家づくりキャリア30年以上の職人さんが語る「大工が住みたくなる本当に良い家とは?」

家づくりを極めることはとても難しく、そして大変奥が深いものです。

家づくり歴35年の職人として、これから家づくりをご検討される方に知っていただきたいことがあります。

「多くの人は家づくりで本当に大切なことを知らずに家を建てている」

日本の家づくりの悲しい現実です。

これは、私たち住宅建築に関わるものの責任でもあります。

ハッキリと言えますが、出来上がった家を見ても良い家なのかはわかりません。

外から見てかっこいい家、美しい家というデザインの良さを否定しているのではないのです。

むしろ住宅の外観はその家に暮らすものにとって素晴らしい価値観の一つであると言えます。

家の内装やインテリアも同様だと思います。

ただし、家の価値を家族を守る住まい(暮らしの場)として捉えた場合、

家主が望むライフスタイルが得られ、家族が健康に暮らせるかどうかが最も重要な要素なのだと私は思うのです。

ところが、出来上がった家を外から見ても、或いは中から見ても、その家の良し悪しを判断することができません。

本当の意味で良い家としての判断基準である「壁の厚さ、外壁内壁に使われている素材、家そのものの構造」はもちろんのこと、

例えば、職人が建築材の継ぎ目に0.1ミリの隙間も作らない様に組み合わせているか、

隙間を埋めるテープを指のシワがなくなるほどに何度も何度もこすっているか、

施工性重視で作業が楽な材料を選んでいないかなど、私たち職人でも壁を開いてみなければわからないことだらけです。

冬の窓際が思っていたよりも寒かったり、夏はエアコンをつけっぱなしにしないと暑くてしょうがないのは、見た目でない部分の家の良さにこだわれないからなのです。

ですから、ほとんどの人にとって人生で一度しかない家づくりが、

「人生で最も満足できない一番高価なお買い物」

になっているわけです。

良い家をつくるには施工期間は長くなります。

当然ですが、私たちの手間も増え、その分人件費がかかり家の価格は高くなります。

もちろん、誰もがお値打ちに家を買いたいと望んで当然なのですが、

だからといって、海外で安く仕入れた木材を現地で加工し、日本の気候で変形してしまった部材を使い、

プラモデルを組み立てるようにアルバイトレベルの大工たちが数日で建ててしまう家づくりが当たり前で良いのでしょうか。

人それぞれには価値観がありますので、様々な家づくりのあり方があって良いとは思っていますが、

「知らなかったがゆえに起こる避けられたはずの悲劇を生み出したくない」

それが私たち職人たちの願いなのです。

良い家を作って、何代にも渡って愛される家を作りたいのです。

私たち家づくり職人からのお願い

家を買う契約をする前に、必ずそのハウスメーカーの建てる標準的な仕様の家に泊まってみてください。

壁の中を開けずとも、一晩過ごしてみれば分かる事はたくさんあります。

できればエアコンを止め、家が快適に暮らせるのかどうかを感じてみてください。

その家が良い家であれば、魔法瓶のような気密性で冬でも夏でも一晩くらい快適に過ごせます。

日本ではまだ当たり前にはなっていませんが、住宅先進国の北欧やドイツなどでは当然の基準として、住環境の細かい基準が法律で決められています。

残念ながら日本の住宅メーカーの建てる家のほとんどは海外のそれをクリアしていません。

私たち職人の技術で素晴らしい家を建てられるにも関わらず、実際に私たちが住みたいと思える家を建てている住宅メーカーはほとんどないのが現実なのです。

低燃費住宅はそんな私たち職人たちの思いを満足させられるお客様にとって誠実な住宅メーカーのひとつだと思っています。

大手ハウスメーカーのような認知度を上げるための莫大な広告費を掛けず、できるだけコストを抑えた快適な家づくりを標準としています。

繰り返しになりますが、家を買う前にその住宅メーカーの標準的な家に泊まってみてください。

過度に華美に作られた住宅展示場の家ではなくできるだけその住宅メーカーの標準的な仕様の家が良いでしょう。

多くの人が家づくりにおいて大切なことを知らないまま、建てた後に悲しい思いをしないことを願っています。

低燃費住宅の考える家づくり

家に器としての性能を持たせ、光と風をデザインする断面計画

圧倒的な気密性と断熱性を持たせた器づくりと光や風の道をデザインすることで住まいの性能は飛躍的に向上します。

冬は日射が部屋を温め、夏季は庇や外付けブラインドが日射を遮り、また窓や壁、そして屋根までもが熱を通しにくいことで、春や秋の通風も活かすことができす。

家を器と捉え、その器に高い性能を持たせる考え方は、これまでの日本の家づくりにはあまりない考え方でした。

まずは家そのもののポテンシャルを上げるというドイツ流の設計での家づくりは、住む人の心と身体に負担が無いだけでなく、環境にも優しいゆとりのある暮らしになります。

断面計画実現のために、乗り越えねばならない課題

少し想像してみましょう。

どこかの住宅会社と契約を終え、家づくりが始まったとします。

営業さんの人柄は良く、設計士さんやコーディネーターさんの提案にも納得。

そしてあなたは、「良い職人さんでお願いしたい」と望むはずです。

住宅の品質は職人さんの腕次第で決まると言っても過言ではありません。

私たちが考える完璧な器づくりは、わずかな隙間さえあってはならない大変な精度が要求されます。

そんな家だからこそ尚更、「誰が建てるのか」に拘ります。

良い職人さんの確保がとても難しいという現実

例えば、

低燃費住宅に使用されている窓はドイツ製のトリプルガラス樹脂サッシです。

これがとんでもなく重いのです。

この職人泣かせの窓は屋根や床の工事の前にクレーンで所定の位置に配られるほど。

これまで日本で建てられてきた「施工性重視の家」に慣れてしまっている職人さんでは、ドイツから学んだ家づくりを完成させられません。

「職人泣かせの家」を受け入れていただける地域の工務店さんと腕の良い頑固な職人さん達が低燃費住宅の家づくりを支えています。

ノイズレスな空間

これまでの住まいに当たり前のようにあった”ノイズ”を取り除き、家づくりに新しい価値を提案致します。

一般的にノイズと言えば雑音を意味します。

例えば、映画館で隣の席に座ったヒトの話し声などがそうです。

映画を観る上でこのような雑音は不快で必要のないものとなります。

低燃費住宅は住居での暮らしにおいて「不快と感じるもの=ノイズ」と定義し、家づくりにおいてノイズを除去することに拘りました。

 

自然素材と国産無垢材を使用し、湿度を調湿する構造でカビや建材によるアレルギーリスクを大幅にカットしています。

また、特殊なサッシと内と外のW断熱の性能により、防音性も抜群です

シロアリや地震にも強い腐食しない特殊な柱を使用し、倒壊の不安を感じません

シックハウス対策とは自然素材を使えば大丈夫といった単純なものではありません。

ホルムアルデヒド等の室内の化学物質対策に加え、臭気対策、カビやダニ等のアレルゲン対策、室内二酸化炭素濃度や温度・湿度まで考慮して初めてシックハウス対策といえるのです。

化学物質対策は当たり前、温度・湿度を適切に制御してこそ初めて健康住宅と呼べる住まいになります。

 

さらに健康住宅としてはシックハウス対策以上に深刻な問題があります。

それは「家の中の温度差」による健康被害「ヒートショック」と呼ばれるものです。

例えば、脳卒中や心疾患等の血管系の病気で亡くなる人は約28%。

その原因として最近注目されているのが家の中の温度差なのです。

特に寒い冬場浴室やトイレ等で亡くなった方の多くは家の中の温度差によるヒートショックによって血管系の疾患を起こしている事は、かなり以前から大学の専門家などから警笛を鳴らされていました。

断熱・気密性能の悪い家は家全体を温めることに大変なエネルギーが必要なため、住人は自分の居る部屋だけを温めてしまいます。

故に、玄関や浴室などとリビング等の居室に温度差が発生し、ヒートショックの起きる危険な環境が出来上がります。

「温度のバリアフリー」は健康住宅の絶対条件だったのです。

さらに、お子様のアレルギーも温度バリアフリーで改善されるかもしれません。

近畿大学の岩前 篤 教授によると、断熱性能を3、4等級、さらにそれ以上と向上させていくと、気管支喘息やアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎等の症状が右肩上がりに改善していくといった調査報告が発表されています。

室内温度が一定になる事で、基本的な体力が失われにくくなると、病気の発生率が下がると考えられています。

「温度のバリアフリー」 は高齢者だけでなく、小さなお子様にとっても健康住宅の絶対条件と言えます。

低燃費住宅は「体温を高める住まい」です。

住まいは薬や医療器具の類ではないので、必ず病気を治せるとは断言できません。

とはいえ、不快な温度差やカビ・ダニ等のアレルゲンの排除等の様々な体へのストレスを軽減させる工夫をされた家は健康な身体づくりに対してプラスに働くことは明らかです。

ですから、建物を健康仕様にする意味と意義は十分にあります。

低燃費住宅の仕様について

低燃費住宅の仕様その1:熱を逃がさない超高断熱のドイツ製建築材


低燃費住宅の仕様その2:夏季の冷房負荷を抑える日射をデザインする設計


低燃費住宅の仕様その3:ランニングコストと家族の健康に考慮した省エネ設備


低燃費住宅の仕様その4:シロアリや腐れの心配がない特殊で環境に優しい構造部材

まずは、どんな些細なことでもご質問ください。

平日しか時間がとれない、夜6時以降でないと時間がとれないという場合もご安心下さい。
お時間調整の上、開催させて頂いております。
見学のご予約は、低燃費住宅 東海支店へ。

私達は、3つの約束を必ず守ります。

「お気軽にお越し下さいと言うけど、行った後にしつこく売り込みをしたりするんじゃないの?」
そんな不安を、あなたはお持ちかもしれません。
そこで、私達はあらかじめ3つの約束をさせて頂きます。

(1)しつこい売り込みや勧誘は一切致しません

営業マンの訪問や、しつこい電話などは一切致しませんので、ご安心下さい。
ニュースレターや、小冊子など情報提供をさせて頂く事は可能ですが
あなたが希望しない場合は、仰って頂ければ一切お送りすることはありません。

(2)試住体験は完全無料です

試住体験は完全無料でご利用頂けます。
追加の代金など、一切発生しませんので、安心してご利用下さい。

(3)華美な装飾やインテリアは使いません

モデルハウスは、華美な装飾やインテリアは使いません。
実際に、あなたがお住まいになることをイメージ出来るようにしています。
低燃費住宅では、ありのままの住宅性能を感じて頂けるよう、シンプルな造りになっております。

低燃費住宅の試住体験をご希望の方は以下のフォームからお申し込みいただけます。

お名前 (必須)

ご住所 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせの内容(必須)
モデルハウス見学希望モデルハウス宿泊体験希望セミナーの案内希望見学会・体験会・イベント参加希望書籍プレゼントへのご応募その他

メッセージ本文(見学・宿泊希望日、ご意見等)

低燃費住宅を知ったきっかけを教えてください。(必須)
WEBSNS新聞・チラシ地域のイベント知人・友人その他

PAGETOP
Copyright © 株式会社低燃費住宅 東海支店 All Rights Reserved.