家づくりキャリア30年以上の職人さんが語る
「大工が住みたくなる本当に良い家に出会う方法」

家づくりを極めることはとても難しく、そして大変奥が深いものです。

家づくり歴35年の職人として、これから家づくりをご検討される方に知っていただきたいことがあります。

「多くの人は家づくりで本当に大切なことを知らずに家を建てている」

日本の家づくりの悲しい現実です。

これは、私たち住宅建築に関わるものの責任でもあります。

ハッキリと言えますが、出来上がった家を見ても良い家なのかはわかりません。

外から見てかっこいい家、美しい家というデザインの良さを否定しているのではないのです。

むしろ住宅の外観はその家に暮らすものにとって素晴らしい価値観の一つであると言えます。

家の内装やインテリアも同様だと思います。

ただし、家の価値を家族を守る住まい(暮らしの場)として捉えた場合、

家主が望むライフスタイルが得られ、家族が健康に暮らせるかどうかが最も重要な要素なのだと私は思うのです。

ところが、出来上がった家を外から見ても、或いは中から見ても、その家の良し悪しを判断することができません。

本当の意味で良い家としての判断基準である「壁の厚さ、外壁内壁に使われている素材、家そのものの構造」はもちろんのこと、

例えば、職人が建築材の継ぎ目に0.1ミリの隙間も作らない様に組み合わせているか、

隙間を埋めるテープを指のシワがなくなるほどに何度も何度もこすっているか、

施工性重視で作業が楽な材料を選んでいないかなど、私たち職人でも壁を開いてみなければわからないことだらけです。

冬の窓際が思っていたよりも寒かったり、夏は暑くてエアコンをつけっぱなしにしないと暑くてしょうがないのは、見た目でない部分の家の良さにこだわれないからなのです。

ですから、ほとんどの人にとって人生で一度しかない家づくりが、

「人生で最も満足できない一番高価なお買い物」

になっているわけです。

良い家をつくるには施工期間は長くなります。

当然ですが、私たちの手間も増え、その分人件費がかかり家の価格は高くなります。

もちろん、誰もがお値打ちに家を買いたいと望んで当然なのですが、

だからといって、海外で安く仕入れた木材を現地で加工し、日本の気候で変形してしまった部材を使い、

プラモデルを組み立てるようにアルバイトレベルの大工たちが数日で建ててしまう家づくりが当たり前で良いのでしょうか。

人それぞれには価値観がありますので、様々な家づくりのあり方があって良いとは思っていますが、

「知らなかったがゆえに起こる避けられたはずの悲劇を生み出したくない」

それが私たち職人たちの願いなのです。

良い家を作って、何代にも渡って愛される家を作りたいのです。

私たち家づくり職人からのお願い

家を買う契約をする前に、必ずそのハウスメーカーの建てる標準的な仕様の家に泊まってみてください。

壁の中を開けずとも、一晩過ごしてみれば分かる事はたくさんあります。

できればエアコンを止め、家が快適に暮らせるのかどうかを感じてみてください。

その家が良い家であれば、魔法瓶のような気密性で冬でも夏でも一晩くらい快適に過ごせます。

日本ではまだ当たり前にはなっていませんが、住宅先進国の北欧やドイツなどでは当然の基準として、住環境の細かい基準が法律で決められています。

残念ながら日本の住宅メーカーの建てる家のほとんどは海外のそれをクリアしていません。

私たち職人の技術で素晴らしい家を建てられるにも関わらず、実際に私たちが住みたいと思える家を建てている住宅メーカーはほとんどないのが現実なのです。

低燃費住宅はそんな私たち職人たちの思いを満足させられるお客様にとって誠実な住宅メーカーのひとつだと思っています。

大手ハウスメーカーのような認知度を上げるための莫大な広告費を掛けず、できるだけコストを抑えた快適な家づくりを標準としています。

繰り返しになりますが、家を買う前にその住宅メーカーの標準的な家に泊まってみてください。

過度に華美に作られた住宅展示場の家ではなくできるだけその住宅メーカーの標準的な仕様の家が良いでしょう。

多くの人が家づくりにおいて大切なことを知らないまま、建てた後に悲しい思いをしないことを願っています。

 

低燃費住宅の試住体験をご希望の方は以下のフォームからお申し込みください。

お名前 (必須)

ご住所 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせの内容(必須)
モデルハウス見学希望モデルハウス宿泊体験希望セミナーの案内希望見学会・体験会・イベント参加希望書籍プレゼントへのご応募その他

メッセージ本文(見学・宿泊希望日、ご意見等)

低燃費住宅を知ったきっかけを教えてください。(必須)
WEBSNS新聞・チラシ地域のイベント知人・友人その他